地域包括支援センター
地域包括支援センターは、飯塚市から委託を受けた公的機関です。
保健師・社会福祉士・主任ケアマネジャー等を配置して、3職種のチームアプローチにより、
高齢者や家族からの悩み、疑問、相談を受けて必要な援助を行います。

担当となる自治会名:下三緒、三緒浦、東ヶ丘、下三緒団地、山内、上三緒第1、上三緒第2、上三緒第3、上三緒第4、柏の森ヒルズ

健康維持に力をいれて要介護の状態にならないお年寄りを一人でも多くしたい
地域で生活されている方が生きがいを持ち健康で長生きできるように、地域で毎月開催される「いきいきサロン」に職員が出かけ健康相談、健康チェックを行ないます。


行政より依頼された見守りが必要な一人暮らしのお年寄りのお宅を訪問し安否の確認を行います。


介護保険のサービス以外で飯塚市が行うサービスの申請を代行して行います。


成年後見制度の活用促進、高齢者虐待への対応など


要支援者に対するケアプラン作成を行います。


住民の各種相談を幅広く受け付けて、制度横断的な支援を実施します。

たとえば、こんな質問がある場合はご相談ください。
■家族に介護が必要となった者がいるが、介護の仕方がわからない。

■家族の介護について悩みや不安がある。

■独り暮らしで、この先の生活が心配になっている。

■介護保険の利用の仕方がわからない。

■介護保険以外の飯塚市の独自の福祉サービスにはどのようなものがあるのか知りたい。

■何度も同じ事を言ったり聞いたりするようになり困っている。

■介護保険や福祉サービスを利用するにはどうしたらよいのか知りたいなど。
利用料は無料です。ご相談については料金は発生しません。
お問合せ 0948-21-2828
太陽の郷 Q&A
太陽の郷はどんな施設…
特別養護老人ホームの…
デイサービスの利用条件
介護保険の手続きは…
太陽の郷 採用情報
「自然環境は子供の成長に重要な役割を果たしている。」と言われる。
その理由は、 自然体験をとおして子供たちは道徳観や正義感を学ぶからである。
日々の体験が心や体の成長に地層のように積み重なって大人へと成長していくのである。
子供は大人へと成長しやがて老人となるが、子供の頃に体験した自然環境の教訓は
死ぬまでその人の体に影響を及ぼし続けるのである。
人はたとえ精神身体が不自由になっても、自然環境のなかで積み重ねた日々を忘れる
ことは無い。また、その人の積み重ねた人生を理解し受け入れることなしに
福祉は成り立たない。このように自然環境と福祉は大変関係が深い。
両者の関係が融合することによって人は人らしく人生を貫いていけるのでは
ないだろうか。自然環境には生命の営みを支え続ける大いなる力が宿っている。